交通事故による後遺症

後遺症の慰謝料というのは、後遺症を引き起こした元によって異なります。
交通事故によって起きた後遺症やレーシックによる後遺症、さらには仕事のストレスによる後遺症など様々です。
今回はそんな中から交通事故による後遺症の慰謝料についてご紹介いたします。
通常交通事故の被害者となった場合、病院への通院費や慰謝料を受け取る形となりますが、事故による重い後遺症や障害を患ってしまった場合には、別途後遺障害慰謝料というのが請求できます。
ただし「後遺障害慰謝料」を請求する際には後遺症ではなく後遺障害の認可が必要となるため、被害者側も必要な手続きを行うようにしましょう。


後遺障害の認可は自賠責損害調査センター調査事務所が行っており、それぞれ内容によって等級分けがされます。
最も重い後遺障害だと認定された場合には、自賠責保険の慰謝料として約1100万円近い慰謝料を受け取ることが出来ます。
このほかにも裁判所が命じた慰謝料が約3000万円、任意保険による慰謝料が1300万円と支払われる為、合計5400万円程度慰謝料として支払われる計算となります。
非常に高額でもあるため、加害者側から嫌がらせなどがないか心配にもなりますが、あくまで事故を起こしたのは加害者側であり、慰謝料というのは被害者が受け取る当然の権利だと言えます。
もし慰謝料を受け取った後のトラブルが心配だという時には、一度弁護士などに相談をするなど外堀をしっかりと埋めておくとよいでしょう。

Copyright © 2014 後遺症の慰謝料ってどうなるの? All Rights Reserved.